2018年02月26日

暖かな陽射しの降園風景

「このあとも関東地方は、おおむね晴れるでしょう。午後3時までの最高気温は東京10.9度、横浜10度ちょうど、さいたまは10.4度。きのうよりやや高くなりました。」日本気象協会

yjimage[4].jpg 
午後から陽が差し、ぽかぽかしてきました。












すみれ、わかばコースの園バスが出発です
yjimage3W1JAJZM.jpg


DSC08910.JPG

DSC08913.JPG




園庭では、歩きコース(14:30降園)のお友達と
ファミリー、体操教室、園バスすいせんとさくらコースが

手を振って「さよなら」をしています。
DSC08919.JPG

DSC08920.JPG





お家の方がお迎え・・・
yjimage2QWUKJOZ.jpg

 DSC08924.JPG

DSC08932.JPG

DSC08928.JPG

DSC08931.JPG

DSC08941.JPG

DSC08950.JPG

DSC08947.JPG

DSC08948.JPG

DSC08949.JPG









さよならの後・・・
園庭いっぱいに遊ぶ子どもたちがいました。
DSC08964.JPG

yjimageC4KGXTTX.jpg

DSC08955.JPG

DSC08957.JPG

DSC08960.JPG
誰ですか・・・? お山からごろごろ遊びをしているお友達は・・・?
しかし、たくましいなあ・・・
服はしっかりと、はたくのですよ










冬の名残がなかなか去りません・・・
しかし、日一日と・・暖かくなってきているようです。

yjimage2BYZ78C7.jpg



君がため 春の野に出でて 若菜摘む わが衣手に 雪は降りつつ
光孝天皇・古今集・百人一首15番

あなたのために春の野原に出て、若菜を摘みました。私の袖にはふわふわと早春の雪が降り続いていましたよ。
yjimageEDJHB6UP.jpg





梅の便りが届くようになりました。
yjimageUEJ7XR3C.jpg


春されば まづ咲くやどの 梅の花 独り見つつや 春日暮らさむ
山上憶良・万葉集

春になるとまず咲く我が家の梅の花を、一人見ながら春の日を過ごそう。




人はいさ 心もしらず ふるさとは 花ぞむかしの 香ににほひける
紀貫之・古今集・百人一首35番

あなたのお気持ちはどうかわかりませんが、私が懐かしい故郷だと思っている梅の花は、昔と変わらない香りを漂わせてくれていますよ。

yjimage83CXQKRK.jpg




gosinbana
posted by ohama at 17:41| 2013年度の行事