2017年05月19日

あれも読みたい、これも読みたい・・・絵本がいっぱい

yjimage[1].jpg

絵本は、子供の脳を刺激したり、語彙を増やしたりするそうです。
しかし、それよりも、子供が絵本の世界に入り込み、主人公となって、わくわくドキドキといろんな体験をすること(疑似体験・代理体験)が、大事ではないでしょうか。
それが、子供の心を豊かにしていくと思います。
yjimage[1] (2).jpg




さて、大浜幼稚園には、たくさんの絵本があります。
これより、その絵本の貸し出しの様子を紹介します。

年少さんは、慣れるまで、年少さんのお部屋で貸し出しをしています。
絵本がテーブルの上にたくさんあるよ!
DSC02142.JPG

さあ、本を選んで・・・先生に、借りる絵本を見せ、自分のカードを出します。
DSC02067.JPG



年中さん、年長さんは、絵本のお部屋で本を選びます。
絵本のお部屋は、ホールの奥隣りにあります。機会があれば、覗いてみてください。

どの本を選ぼうかな・・・

DSC01722.JPG

この本に決めた
DSC01723.JPG


借りる前に、ちょっと読んでみよう・・・
DSC02161.JPG



絵本のお部屋の入口で、手続きをします。
DSC02157.JPG


借り終わったら、並んで待ちます。
早く、読みたくて、子供たちはもう本を開いています。
DSC02154.JPG




yjimage[1] (3).jpg




第2回 河野裕子短歌賞 青春の歌部門 受賞短歌
 古びたる 『どくとるマンボウ』 手にとりて
              高校生の 父と出逢ひぬ

                京都府在住の女子高校生
  ・・・「どくとるマンボウ」は、北杜夫の1970年、1980年代のベストセラー本です・・・

posted by ohama at 18:09| 大浜幼稚園の風景