2020年07月14日

カブトムシが届いたよ


「園長先生 きのう、うちにカブトムシがとどいたよ!」
うれしそうに語りかける、ある園児さん
「どこから届いたの」
「宮崎のおじいちゃんが送ってくれたんだ」
きっと、宮崎のおじいちゃんはかわいい「孫」のために
遠く宮崎から宅急便で送ってくれたのでしょうね。

自分のところの孫はカブトムシに興味がないようで残念です。

幼稚園でも、昨年、副園長と恩寵園から頂いてきた
カブトムシがようやく、さなぎから孵化中です。

今日の給食の献立には聞きなれない「よしのじる」というネーミング
がありました。
下記写真参照
「?}
DSCN0045.JPG

吉野汁
すまし汁にくず粉を溶いて、とろみをつけた汁。 あんかけのように、
口当たりがよく、冷めにくいので寒いときには体が温まります。 具
には、魚介類、タケノコ、シイタケなど淡泊な味のものがよく使われ
ます。

名前の由来
奈良県の吉野山が葛の産地であることから、葛粉を用いた煮物を
「吉野煮」、汁物を「 吉野汁」と呼びます。 葛粉は高価なため、
片栗粉で代用することが多いようです。 あたたまります!
吉野千本桜は名高いのですが、葛も有名なのですね。

幼稚園給食さんに「よしのじる」という聞きなれぬ
ネーミングの時は事前に知らせてくれると興味関心の
度合いがちがうのになあと思いました。

DSCN0044.JPG
ごはん
さわらの西京やき
しらたきといんげんのそぼろに
よしのじる
カルてつヨーグルト

はやし組で教育実習生が
絵本実習を行いました。
絵本「へんしんオバケ」の読み聞かせをしました
DSCN0046.JPG

今日で
をおこなっていましたが
前期実習の最終日でした。


/strong>
posted by ohama at 15:47| 日記