2020年07月03日

はまゆう(浜木綿)orユリ


本園の玄関に写真のような鉢花があり、ちょうど今、花をさかせています。
この花は「はまゆう」という花で讃美歌サークル「はまゆう」名称ははこの
花に由来するとのことです。
DSCN0056.JPG

DSCN0055.JPG

植物図鑑を見ると「はまゆう」は下記のような花となっており、玄関の花の形状から
これはユリではないかと疑問を持っていました。
はまゆう.jpg

しかし今の時代、便利なツールがあるものですね、
副園長先生のスマホのアプリで調べてもらうと
アフリカハマユウで明治時代に輸入されたものだそうです。
(形状は白の鉄砲ユリに似ています)。
長年の疑問が解決しました。

年少さんのお部屋
DSCN0036.JPG

DSCN0037.JPG

年長さんは黒の絵具で「花火」のうかし絵の製作
両手を真っ黒にしながらの制作です。
何か、とても楽しそうです。
DSCN0038.JPG


DSCN0040.JPG

DSCN0044.JPG

DSCN0048.JPG

DSCN0047.JPG

今日の給食
DSCN0035.JPG
ごはん
鶏肉の塩麴焼き
切り干し大根の煮物
とうがんスープ
おうとう
posted by ohama at 17:27| 日記

2020年06月30日

茅の輪くぐり


疫病か 茅の輪くぐりて 出勤す

今日は名越(なこし)の祓、旧暦の6月30日に行われる厄除けの儀式ですが
最近では新暦の6月30日に行われることが多いようです。
写真は三山にある二宮神社の茅の輪の様子です。
二宮神社では毎年6月30日、古くから「夏越の大祓式(おおはらえしき)」
として半年間の罪けがれをはらい清める式を執り行い、その一環で境内には
6月初旬から茅の輪を設置。参拝客は誰でも茅の輪くぐりを体験できるよう
になっている。
今年はコロナ禍の影響かたくさんの方が集まていました。
DSCN9988.JPG

DSCN9984.JPG

日曜日までは疫病退散と茅の輪のまわりに
のぼりがありました。
DSCN9991.JPG








posted by ohama at 17:36| 日記

2020年06月23日

けんちんうどん


DSCN0081.JPG

読売俳壇
夕焼けが今日は特別自粛の日  

毎日俳壇
ボール蹴る少年ひとり梅雨きざす

読売歌壇
 シースルーエレベーター少人数それでも街は動き始めて

毎日歌壇(秋山副園長の推薦歌です)
 あれ私こんなに学校好きだっけ 何してるかな、夏が来ちゃうね  
                           
レジ打ちの少女へ掛ける「えらいなあ」スケボー背負う少年からの  
                           
年少さんのお部屋
DSCN0080.JPG

DSCN0079.JPG

年中さんのお部屋
DSCN0073.JPG

給食
今日は「けんちんうどん」です、うどんを食器に盛り付けます。
DSCN0076.JPG

今日の給食
DSCN0077.JPG
けんちんうどん
海鮮シュウマイ
コーンサラダ
バナナ

posted by ohama at 16:39| 日記