2017年05月30日

第4回年中気づきの教室


《本日のカリキュラム》
(1)鉛筆の持ち方・線の練習
   ・鉛筆の持ち方を確認します。
   ・前回はまっすぐな道を進んでいくように線を真っ直ぐ書きましたが、
    今日は、曲がりくねった道を進んでいくように線を書きました。
   ・「絶対にはみ出さない」という気持ちで線を書いていきます。

(2)なぞなぞ
   ・問題を聞いて、答えに丸をつけます。
   ・最後まできちんとお話を聞かないと、答えを間違って
    しまう問題です。聞く姿勢に気をつけていきます。DSCF9378.JPG

   
備考
*鉛筆の持ち方は、一度できても常に気をつけていないと、
 間違った持ち方のクセがついてしまうことがありますので、
 よく見てあげることが必要ですね。おうちでも、クレヨンや
 鉛筆を使う機会を、ぜひたくさん作ってあげてください。 

*なぞなぞは、最後まで問題を聞いて、早合点をするようで
 した、たとえば「しましま模様」というだけで文をよく聞
 かないで「しまうま」と勘違いをしてしまいました。

今日は第1回の地震発生を想定した避難訓練をしました。DSCF9381.JPG

DSCF9383.JPG

上履きで避難したため綺麗に靴を拭きました。DSCF9384.JPG

年長さんは習字の時間です。
DSCF9375.JPG

2つあった洗濯機が壊れてしましました。
今回は業者さんに排水工事をお願いしました。
DSCF9388.JPG




posted by ohama at 13:38| 気づきの時間

2017年05月16日

第3回年中気づき教室


本日のカリキュラム》
(1)鉛筆の持ち方・線の練習
   ・鉛筆の持ち方を聞き、練習します。
   ・動物と動物の好物を直線で結びます。
   ・動物と好物の間には、道があります。道からはみ出さないように
     線を引いていきます。

DSCF9231.JPG

DSCF9233.JPG

DSCF9224.JPG

DSCF9226.JPG

DSCF9232.JPG

プリントの裏面に園長先生を描きました。DSCF9237.JPG

DSCF9238.JPG

 *鉛筆の持ち方は、お箸の持ち方と同様、きちんと覚えていきたいことの
  ひとつです。きちんとした持ち方を習っても、すぐ形が崩れてしまうの
  もこの時期の特徴ですので、お家でも気がついたときは直してあげてく
  ださい。癖がついてしまってから直すのは大変です。
  鉛筆の持ち方は、親指と人差し指ではさみ、残りの3本の指を「グー」
  にした上にのせます。クレヨンも持ち方は同じです。
  きちんとした持ち方ができていると、字や線も綺麗に書けます。

今日からお習字は筆を使い始めました。
DSCF9221.JPG

DSCF9220.JPG






posted by ohama at 16:06| 気づきの時間

2017年05月09日

第2回年中気づきの教室


本日のカリキュラム
(1)形と色を理解する  
  ・ホワイトボードに大小の形を描き名前をききます。
     「なんていう形?」「丸」
     「どんな丸?」「大きい丸」
  
  ・大小の○、△、□、ひし形が描いてある紙を使います。  
  
  ・指示された形を指示された色のクレヨンで塗ります。
    例:「大きい丸を橙色で塗ってください」
DSCF9156.JPG

DSCF9150.JPG

DSCF9149.JPG

DSCF9151.JPG

DSCF9153.JPG



★今日は、先週の課題の発展形です。
 大小の形を区別して色を塗っていきました。
★「大きい」を「でかい」といいがちですが、
 「大きい」で統一しています。
 また、「小さい」は「ちっちゃい」ではなく、
 「小さい」で統一しています。
★色の名前は、「オレンジ色」は「橙色」、「ピンク」は
 「桃色」としています。
★色をしっかりと塗るには、クレヨンの持ち方が大事です。
 持ち方は常に気を付けて、正しい持ち方をしてもらいたいと
 思います。
★塗り方は「ゴシゴシ」「キュッキュッ」など擬音を使って
 説明しています。    
★クレヨンで色を塗るのは、集中力と根気がいります。
 園児さんたちは、途中で休まず、一生懸命に塗っていました。

今日から年長さんはお習字が始まりました。
教わり先生は船橋市内の3つ小学校の校長を歴任された小林先生です。
DSCF9148.JPG



posted by ohama at 14:04| 気づきの時間